最良な医学部予備校の選び方【学習環境の整った予備校の特徴】

学習意欲や効率が大きく変わる!予備校選びの重要性
無料の体験入学でわかる!医学部予備校の質のよさ
受験生のために保護者ができること【重要な心身の管理】

失敗のない予備校の選び方

勉学

医学部受験対策に早急に着手するためにも、予備校選びはとても重要になります。ここでは、予備校を選ぶ際の判断基準となるポイントを紹介します。

事前に調べておきたいポイント

受講料
医学部予備校は高額な費用が必要となります。通わせる前に、毎月の費用が支払える金額かどうか家計との兼ね合いを調べる必要があります。また、予備校の中には年間費の中に夏期講習や冬期講習の費用を入れていない場合もあるため、カリキュラムごとの費用も別途で調べましょう。
受講生の動向
受験生のモチベーションは周りの環境や雰囲気にも大きく影響されます。受講生が真剣に勉強に取り組んでいる医学部予備校なら、勉強をしなければならないという雰囲気に影響され、自発的に勉強を行なってくれるでしょう。また、受講生仲間と切磋琢磨しあい、競争心を刺激されることや受験生活での孤独感を和らげる効果もあります。
企業規模
予備校の選び方として、企業規模を考慮することは重要なことです。有名な予備校であれば、優秀な講師も集まりやすく、授業カリキュラムもきちんとしたものと期待できます。小規模な予備校の場合、お互い成長しあえる受講生仲間ができやすいことや、規模が小さいため講師が受講生一人一人に指導できるなどのメリットが考えられます。
学習内容の質
予備校を選ぶ際に、最も重視するべきなのが、実際に行なう学習内容です。講師がテキストに頼らずわかりやすい授業を行なっているか、またテキストの内容が充実したものか、入校前に必ず調べましょう。ネットなどで情報を調べるだけでなく、体験入学などの制度も活用しましょう。
学習施設の充実化
予備校の選び方で悩んでいる人は、自習室などの学習施設があるかどうかもチェックしましょう。家での勉強は気が散るという生徒は多いものです。自習室が使える予備校なら、集中して勉強ができるでしょう。また、毎日自習室が使えるかという点や、自習室の大きさと空き具合も調べるポイントです。
近隣環境
理想的な予備校の環境といえば、近くにコンビニやカフェなどがあることです。休憩時に軽食やドリンクが飲める施設があれば、休憩の質も上がるので、学習効率のアップにも繋がります。

無料体験を受講する~無料の体験入学で得られるメリットとは~

医学部予備校の性質がわかる
予備校のサイトや資料の内容に目を通すことや、実際に講師から話を聞くことで、予備校の特長を知ることはできます。しかし、単に説明を見て聞くだけでは予備校の性質というものを見極めることはできません。無料体験を利用すれば、実際に子供にあった予備校かどうかを確かめられるでしょう。
実際に近隣環境を見ることができる
予備校のサイトなどに書かれた地図は簡略化されているため、詳しい近隣環境がわからないものです。無料体験を利用すれば、実際に予備校へ足を運ぶことができるので、駅からの近さやコンビニなどの有無も調べられます。
学習環境の細かい部分まで調べられる
入校前に予備校の教室の様子を一度も見ていない場合、教室の質の悪さに落胆することがあります。教室をパーテーションで区切っただけの予備校や、自習室すら利用できない予備校もあります。無料体験を利用することで、教室の質を細かく見極めることができるでしょう。

子供に合った最良の医学部予備校を見つけるには、細かい点も妥協せずに選ぶ必要があります。

予備校入学までの流れ

実際に予備校へ通わせるとなると、どのような流れで手続きをするのでしょうか。

入学までの手順とは

お問合せの上で資料を請求する

ネットや予備校校舎に記載されている電話番号へ電話を掛けることで、予備校の講師か専門のオペレーターから予備校の特徴について話を聞くことができます。資料請求もできるので、予備校が行なう独自のカリキュラムや、実際に医学部へ進学できた生徒の声などを詳しく調べることもできます。

見学・体験入学

電話連絡やホームページからのメール送信により、予備校見学の予約を入れることができます。子供と一緒に教室を見て回り、授業の様子や雰囲気を感じ取ることができるでしょう。また、1日限定での体験入学も無料で利用できます。

入学手続き

予備校への入校を決心したのなら、電話やメールで連絡をすることで、入校手続きに必要な書類を自宅へ送付します。見学や体験入学をした際にも、手続きに必要な書類を配布できるので、見学時に気に入ったなら帰る前に入学書類をもらっておきましょう。

年間プランを作成の後に授業スタート

本格的に授業へ入る前に、現在の学習状況や成績、進学先の大学についてのヒアリングを行ないます。このヒアリングの結果により、志望大学の偏差値を考慮した、センター試験までの間に必要な学力を伸ばすための学習スケジュールが作成できます。

予備校選びに関するQ&A

以下は、実際に予備校に寄せられたよくある質問の内容です。

予備校選びで気になることQ&A

進路指導もしていただけますか?
当予備校では受講生の進路指導を行なう時間を設けています。定期的に面談を行ない、授業内容についての意見や悩みを聞くと同時に、進路についての相談も行なっているのです。現在の学力と志望先の大学がマッチしているかといったこと以外にも、大学に入ってどういったことを学びたいか、将来的にはどんな仕事に就きたいかということも相談できます。当校講師は普段の授業の様子や、受講生の個性などもしっかりと観察しているので、生徒の進路についての具体的なアドバイスも行なえます。
通学しない受講方法などはありますか?
予備校校舎での授業の他にも、ウェブで放送しているネット配信での授業や、当校講師の授業の様子を収録したDVDなどで学習することもできます。自宅から校舎までの距離が遠いという人や、安い費用で授業を受けさせたいという人に好評のサービスです。ウェブ配信やDVDで視聴できる授業のメリットは、聞き逃した解説の内容を巻き戻し、再生していつでも繰り返し聞くことができることです。デメリットとしては、実際に講師が指導できないため、受講生のモチベーションが維持しづらいことや、講師が受講生の学習態度に合わせて柔軟に授業ができないということが挙げられます。実際に教室で学習させるか、通学させない学習方法を選ぶか、お子さんの好みに合わせて選びましょう。
勉強法の抜本的な見直しもしたいのですが…。
当校では受講生一人一人に合った勉強法の指導も行ないます。そもそも、予備校に毎日通わせれば誰でも確実に成績が伸びるか、と問われれば、答えは「NO」といわざるを得ません。学力が身につくかどうかは、勉強に費やした時間に比例するわけではありません。受講生一人一人のモチベーションと勉強法により、学習効率は大きく変わるからです。
当校では辞書の引き方やノートの取り方、問題の暗記法など、効率的に勉強の内容を学習できる方法を指導しています。勉強法が間違っているとどれだけ予習・復習をしても効果は薄いでしょう。講師が勉強法の抜本的な見直しをすることで、学習効率を大幅に上げられます。
TOPボタン